ウーマン

30代はちょうどお肌の曲がり角!化粧品はランキングで下調べ

ビタミンc誘導体の力

鏡を見る女の人

ビタミンc誘導体を活用

ニキビ跡がなぜできるかといえば、メラニンの過剰生成によるものです。メラニンの働きとは肌が傷つけられたときに、肌を守るために生成されます。生成されたメラニンは通常であれば肌のターンオーバーによって消えていくものですが、これが乱れているとメラニンが残ったままとなりそれがニキビ跡となってしまいます。中にはニキビ跡として赤みが生じることもあります。そこで活用したいのが、ビタミンc誘導体化粧品です。ビタミンc誘導体は体の中に吸収されると、体内の酵素でビタミンcに変換されます。ビタミンcにはメラニンの過剰生成を抑える効果があります。また肌のターンオーバーを整える働きもあるので、ニキビ跡や赤みを改善させる効果が期待できます。

注目のビタミンc誘導体

ニキビができているところを気にして触ったりつぶしてしまったりすることがありますが、適切な処置を怠ってしまうとニキビ跡になってしまいます。中には赤みを生じたニキビ跡になることもあります。赤みを帯びたニキビ跡はそのまま放置していても、なかなか消えることはないでしょう。そこで肌の炎症や赤みに対する効果があるビタミンc誘導体を利用してみると良いです。ただしビタミンc誘導体にも様々な種類が存在しています。今注目を集めているビタミンc誘導体は、APPSと呼ばれる成分であります。APPSとはパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naと呼ばれる成分で、脂溶性と水溶性の両方の性質を持っています。特に肌への浸透力に優れていて、通常のビタミンcの約100倍とされています。